男性ホルモン剤の副作用とは?

男性ホルモン剤を服用するとどのような副作用があるのか? - 男性ホルモン剤の副作用とは?

更新情報

アーカイブ

男性ホルモン剤の副作用とは?

男性のホルモン剤を摂取することで、さまざまな効能とともに副作用が発生します。
本記事では、男性ホルモン剤の効能と副作用を比較してご紹介いたします。

男性ホルモン剤にはさまざまな効能と同時にさまざまな副作用があるので注意しましょう。

男性ホルモン剤を摂取することで、骨格や筋肉の成長促進を高めたり、活力を増強したり、動脈硬化を防止したり、内臓脂肪の増加を抑える効能などを期待できます。
男性ホルモンとは、男性のさまざまな二次性徴を発現させる効果があるホルモンのことです。
上述のような身体と精神に良い効果をもたらす一方で、さまざまな副作用が存在するため、男性ホルモン剤の摂取には厳密な注意が必要です。

男性ホルモン剤によってのどの軟骨の成長が促進されて声が低くなってしまいます。

男性ホルモン剤を摂取することで、声が低くなります。
なぜ声が低くなるかと申しますと、摂取した男性ホルモンの効果でのどの軟骨の成長が促進されるからです。
どの程度、声が低くなるかは個人差がありますが、ほとんどの場合、声変わりが落ち着くまでは一定の期間が必要になるので注意しましょう。
具体的には、声変わりが落ち着くまでに早い人で約半年、長い人で2年以上もかかることがあります。

男性ホルモン剤の摂取によって体毛が濃くなります。

摂取した男性ホルモン剤によって、全身の体毛が濃くなることがあるので、注意が必要です。
男性にも体毛が濃い人とそうでない人が存在するのと同様に、あらわれる副作用には個人差があります。
特に、ひげやもみあげは人によって差が大きく、大量に男性ホルモン剤を注入しても生えそろわない人もいれば、少しの量で生えはじめる人も存在します。

男性ホルモン剤の注射によってクリトリスが肥大することがあります。

男性ホルモン剤の注射を行うことで、陰核、いわゆるクリトリスが肥大することがあると言われています。
クリトリスとは、発生学的にペニスと同一視されているもので、一部の海外ではこの効果を利用してペニスの再建手術も行われています。
肥大する大きさには個人差があるので、接種後の経過には注意が必要です。

男性ホルモン剤の注射には女性の生理を止めてしまう効果があります。

trshts
女性が男性ホルモン剤を摂取した際に起こりうる最も顕著な効果の一つが、生理の停止です。
いつ生理が止まるかは個人差があり、何か月か何年経てば安心ということはありません。
一方で、生理が起きることを辛く感じている女性の中には、生理が止まる効果を期待して男性ホルモン剤を摂取する方が存在します。
また、生理が止まったとしても、女性の妊娠する機能まで止まっているとは限らないので、経過には注意が必要です。
男性ホルモン剤の注射によって身体のバランスが不自然に成長する恐れがあります。
男性ホルモン剤の注射を行うと、不自然に足や手が肥大化する可能性があります。
男性ホルモン剤には、全身の骨格の成長を促進させる効果があるからです。
もちろん、身体の成長促進は男性ホルモン剤がもたらす効能の一つでもあります。
しかし、一方で、外部から男性ホルモン剤を注射することで、身体のホルモンバランスが乱れて、不自然な身体バランスの成長を遂げてしまう可能性があることに注意しましょう。
男性ホルモン剤には、効能と同時に危険な副作用がたくさんあります。
そのような副作用を少しでも抑えるためにも、まずは信頼できるお医者様を探して相談しながら慎重に接種を考えてみましょう。
不妊治療に効くホルモン剤をお求めならコチラ↓↓
■http://www.okusurizukan.info/